水戸市の動物病院|小動物診療(犬・猫・小鳥・うさぎ・ハムスター他)・しつけ教室・ペットホテル・シャンプー・トリミング

おかにわ動物病院の院長のひとり言 3

お電話での予約・お問い合わせは「029-251-6123」

院長のひとり言 3

■2017/07/15 院長のひとり言 3
夏らしい暑い日が、続きますがいかがお過ごしですか?

アメリカの肥満に関する記事が目に留まりましたので、紹介します。

少し長いですが、読んでみてください。

記事

2016年に米国で飼われていたおよそ250万匹のイヌと50万匹のネコを調べたところ、3匹に1匹が過体重か肥満であることがわかった。この10年間で、太ったネコの数は169パーセント、太ったイヌの数は158パーセント増えたという。

このデータは、米国の42州で動物病院を経営しているBanfield Pet Hospital(以下、バンフィールド)が発表したものだ。研究チームは、バンフィールドが運営する975の病院のいずれかで受診した動物を対象に、身体検査と目視検査を行った。

検査では、あばら骨の存在を目で確認できず、触ったときにその感触がすぐに得られず、かつ腰のくびれを確認するのが難しい場合、「過体重」と判断された。また、あばら骨の感触がまったく得られず、腰のくびれを少しも確認できない場合は「肥満」とみなされた。飼い主の多くは、自分のペットが過体重であることを認識していなかったという。

人間と同じところ、違うところ
わたしたちの可愛いペットが太り気味だという調査結果は、わたしたち自身の傾向と一致している。米疾病予防管理センター(CDC)の報告によれば、米国成人のおよそ37パーセントが肥満だという。また、最近行われた別の調査によれば、世界人口の約3割[日本語版記事]にあたる22億人が過体重の状態にあり、10パーセントが肥満体となっている。

太りすぎたペットは人間と同じように、慢性的な健康障害を抱えやすくなる。またペットが太る原因も人間と同じで、食べすぎと運動不足だと医師たちは指摘している。研究チームの報告では、イヌの場合はラブラドール・レトリヴァー、ケアーン・テリア、コッカー・スパニエルの3種類、ネコの場合はマンクスとメインクーンの2種類に肥満が多く見られたという。

ペットと人間のデータを比べたところ、非常に大きな違いがひとつある。それは地域だ。『ワシントン・ポスト』の記事によれば、ルイジアナ、アラバマ、ミシシッピなどの州は、人間の肥満率がかなり高いにもかかわらず、ペットの肥満率は低かったそうだ。

研究チームは過体重や肥満になってしまったイヌやネコに関して、獣医と相談し、おやつを減らし、ご褒美には食べ物以外のものを与え、運動時間を増やすよう勧めている。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
おかにわ動物病院
http://www.okaniwa.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:茨城県水戸市見川5-126-22
TEL:029-251-6123
------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/4zgM
Twitter:http://p.tl/ghQZ
mixi:http://p.tl/IHXt
ameblo:http://p.tl/lkP9
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆