水戸市の動物病院|小動物診療(犬・猫・小鳥・うさぎ・ハムスター他)・しつけ教室・ペットホテル・シャンプー・トリミング

おかにわ動物病院

お電話での予約・お問い合わせは「029-251-6123」

ワクチンで予防できる犬の病気

子犬の場合は親ゆずりの免疫(移行抗体)が残っているので、これが切れる時期をみはからってワクチン注射をすることが大切です。

犬ジステンパー 発熱、下痢、神経症状などが起こり、全身がおかされ、治ってもいろいろな後遺症に悩まされます。1歳以下の子犬に発病することが多く、死亡率も高い病気です。
犬伝染性肝炎 こちらもアデノウイルスによる感染症で、肝炎を主とし、嘔吐や下痢、食欲不振などが起こり、目が白く濁ることも有ります。子犬では突然死することもあるこわい病気です。
犬パルポウイルス感染症 血液のまじったひどい下痢や嘔吐を起こす腸炎型がよく知られていますが、子犬に突然死をもたらす心筋型もあります。伝染病が強く死亡率も非常に高いこわい病気です。
犬レプトスピラ病
黄疸出血型 カニコーラ型
人と動物共通の、細菌によって腎臓や肝臓がおかされるこわい伝染病です。いろいろなタイプがありますが、代表的なのは、歯茎の出血や黄疸がみられる黄疸出血型と高熱、嘔吐、下痢を起こすカニコーラ型の2種です。アウトドアで活動する犬ほど感染しやすいので、予防が必要です。
犬アデノウイルス2型感染症 アデノウイルスによる感染症で、肺炎や扁桃腺など呼吸器病を起こします。
犬パラインフルエンザ パラインフルエンザウイルスによる呼吸器病で、咳や鼻水、扁桃腺を起こします。アデノウエルスや細菌といっしょに「ケンネルコフ」と呼ばれる犬のカゼ症候群をひき起こします。
犬コロナウイルス感染症 腸炎をひき起こす感染症です。下痢や嘔吐が起こります。パルポウイルスと混合感染すると症状はいっそう重くなります。コロナとパルポをいっしょに予防することがたいへん重要です。
狂犬病 狂犬病予防法でワクチン接種が義務づけられています。生後90日(3ヶ月)過ぎた犬は、予防接種を受け、その後は毎年1回注射を受けなければなりません。
また、交付された注射済票はつけておくと、万が一迷子になった時に注射済番号で分かりますので、出来るだけつけてください。
市町村に登録(生涯登録)の申請も受けて下さい。