水戸市の動物病院|小動物診療(犬・猫・小鳥・うさぎ・ハムスター他)・しつけ教室・ペットホテル・シャンプー・トリミング

おかにわ動物病院

お電話での予約・お問い合わせは「029-251-6123」

犬フィラリア症予防には?

■ POINT 1:犬フィラリア症が怖いのはなぜか?

フィラリアは寄生虫の名前です。英語ではバートワーム。心臓糸状虫(犬糸状虫)を意味します。
この虫が蚊の媒介によって心臓に住みつき、様々な障害をおこします。これが犬フィラリア症です。
長いものでは28cmもあり、長期間心臓に規制して血液の循環を悪くし、肝臓・腎臓・肺など多くの臓器に異常をきったします。得に小型犬では少数寄生でも重い障害を起こす怖い病気です。犬たちの死因のトップが犬フィラリア症です。

■ POINT 2:毎日の様子。ひとつでも思い当たったら犬フィラリア症に要注意

心臓をはじめ多くの内臓が障害をきたすので犬フィラリア症の症状はさまざまですが、比較的飼い主が気がつきやすいものには、下記のようなものがあります。
  ●食欲がなくなる
  ●散歩に行きたがらない
  ●ゼーゼーした咳きをする
  ●体重が減少する
  ●運動後に失神して倒れる

このほかに
  ●呼吸が速くなる
  ●口・眼などの粘膜に赤味がない(貧血)
  ●腹囲が大きくなってきた(腹水)
  ●尿が赤ブドウ酒様に赤味を帯びる(血色素尿)

という症状もみられます。

■ POINT3:蚊はこのように潜入し感染を広げる

犬フィラリア症は犬から犬に直接感染するのではありません。
犬フィラリア症にかかっている犬の血液を吸った蚊に刺されることから伝染していきます。
室内に飼われている犬でも朝夕の散歩で蚊に刺されれば、フィラリアが感染し、成虫が心臓に住みつきます。

<フィラリアの発育環>
感染犬を吸血
フィラリアにかかっている犬の血液中には、0.3mmくらいの子虫(ミクロフィラリア)がいて、蚊が血液を吸うとき、蚊の体内に入ります。

成虫
約3ケ月たつと成虫となり、子虫を生み出します。

心臓に移動
成長を続けながら、心臓や肺動脈にたどりつきます。

吸血
感染幼虫をもった蚊が吸血する時、幼虫が皮膚に侵入し、感染します。
約3ケ月間、皮下や筋肉内で成長を続けます。

■ POINT4:フィラリアが寄生していないか、血液検査を受けましょう。

フィラリアは蚊が媒介するので、夏を越すたびに感染率が高くなります。
フィラリア予防を開始前する前に、血液を調べて、寄生しているかどうかをチェックすることが大切です。
寄生の確認は、血液の子虫検査と免疫診断によって行われます。
また症状、胸部X線検査等も診断に重要です。

■ POINT5:予防法は?

残念ながらフィラリアの感染を予防できるワクチンはありません。
愛犬を守るベストの対策は予防薬を与えることです。この予防法は、蚊から感染した幼虫を心臓にたどりつくまでに完全に殺してしまうのです。このため1ケ月に1回の投薬で確実に予防できる安全な方法です。

■ POINT6:予防期間はいつから いつまで?

予防薬の投与は、1ヶ月に1回、内服薬で出来ます。
蚊が出てきてた1ヶ月後から投薬を始め、蚊がいなくなった1ヶ月後までの期間を予防します。

予防のプログラムは動物病院にご相談ください。
犬フィラリア症予防普及会  日本小動物獣医師会