猫の診察|水戸市赤塚の動物病院は「おかにわ動物病院」へ|ペットホテル・トリミング併設

  • 0292516123
  • メールフォーム
  • 平日・土曜 :9:00~12:00/15:00~19:00
  • 日曜・祝日 :9:00~12:00/午後休診

猫の診察

デリケートで繊細な動物「猫」

猫は身近な動物でありながら、とても繊細な生き物です。
生まれた時から犬と共に生きている猫は別として、そうでは無い猫は、犬の声や匂いにストレスを感じることがあるます。また、飼い主の方が犬を苦手としている場合、猫もそれを感じ取って怯えることもあります。
私たちはこのようなことを学習し、「猫にやさしい動物医院」を目指して、猫と犬の入り口や診察室を分けています。

当院はキャットフレンドリークリニック「ゴールド」認定病院です

当医院はキャットフレンドリークリニックに認定されています。これは国際的な猫の医療に関連する学会が進めている『猫にやさしい動物病院』の国際基準に基づく認定です。
ヨーロッパにあるISFM(国際猫医療学会)は、待合室や診察室、および入院室などを猫のために分け、麻酔器や血液検査機器などのあらゆる治療器具を猫に配慮しているかどうかを審査します。その診査項目は100項にもおよび、あらゆる意味で『猫にやさしい動物病院』を目指しています。GOLD、SILVER、BLONZEの3種類の認定があり、GOLDはその最上級の位置を認められたものです。

猫がかかりやすい病気

猫の死亡原因は1位ガン、2位腎不全、3位感染症となっています。その他、以下に挙げた病気も数多く発生します。

猫下部尿路疾患(FLUTD)

猫の病気で最も多いのは、尿に関連するトラブルです。
膀胱や尿道などの下部尿路に異常が生じることで、頻尿、排尿時間の延長、不適切な場所での排尿、血尿など様々な症状を引き起こします。
尿の出が悪くなることで急性腎不全に陥り、尿毒症の症状がみられるようになってきます。場合によっては二日程度で命を落とすこともあり得ます。自発性膀胱炎(ストレスに起因)が最も多いとされていますが、尿路結石の発生も多く、尿道閉塞を起こすこともあります。
そのため尿のトラブルは早期に発見し治療を行うことがとても重要です。尿路結石は生涯的な食事療法が必要です。

甲状腺機能亢進症

急に食欲が旺盛になって行動も活発になり、食べる量が増えたのに少しも太らないということがあります。
これは猫がかかりやすい甲状腺機能亢進症(活力を増進させる甲状腺ホルモンが過剰分泌される病気)のサインかもしれません(犬は非常に稀にしかかかりません)。食欲があって太らないので一見良いことのように見えますが、実は心臓などの全身の臓器に大きな負担がかかっており、放置すると重篤な状態になることがあります。
病気の進行とともに体重減少、嘔吐、下痢、食欲不振、心筋肥大などの症状を引き起こします。
高齢猫で食欲増進、活動性や性格の変化などがうかがえたら念のために一度血液検査(甲状腺ホルモン測定)を受けてみてください。

糖尿病

猫の内分泌病気で最も多いものが糖尿病です。肥満やストレス、膵炎やその他の内分泌病気、遺伝要因などが複合して発症します。
これにかからないようにするためには、適正な体重を維持することが重要です。できるだけ決まった時間に、一定の量の食事を与えることを推奨します。
初期には急に水を飲む量が増え、排尿の量も増えてきますのでこれを見逃さないようにしましょう。他にも体重が増えた、日常的に食べる量が多い、という場合は是非ご来院ください。

嘔吐

猫は比較的吐きやすい動物です。
これは、吐くことで毛づくろいによってできた毛玉を吐き出すことができる習性のためです。
しかし、”吐く”といっても理由は様々で、病気のサインであることもあります。
週に2回以上吐いている姿を見たら、病気の可能性も考慮し、ご相談下さい。特に中高齢の猫は膵炎や腎不全、腫物などに注意が必要です。

腎臓病

慢性腎不全も猫によくみられる病気です。
猫の祖先は砂漠に生息していたリビアヤマネコと考えられています。そのため、水が十分に確保出来なくても生存できるように”濃い尿”を作る性質が残っています。そのため、腎臓への負担が大きく、加齢とともに腎不全を発症しやすいとされています。
慢性腎不全はネフロンと呼ばれる、血中の老廃物をろ過して尿として排出する役割を持つ組織が、少しずつ破壊されていき、腎臓が持つろ過機能が低下してしまう病気です。
ネフロンは一般的に年齢とともに喪失しますが、残りの腎機能が33~25%になるまでを失っても症状には現れず、一般的な血液検査でも異常値を示しません。
”昔よりも水を飲む量が増えた”、”尿の量が多くなった”、”尿が臭わなくなった”、”便秘気味”といった変化には要注意です。
この病気を早い段階で発見するには、まず定期的に検査を受けることと、その検査の際に血液検査だけでなく尿検査も受けることが有効です。
特に高齢の猫のリスクが高いので、検査を受けていないという方は早めに受診されてください。

ワクチンで防ぐことができる代表的な猫の病気

ウイルス性鼻気管炎

感染経路

感染している猫の眼、鼻、口からの分泌物や人の手指、衣服から感染します。

症状

一般に”猫カゼ”と呼ばれます。 感染すると、くしゃみ、鼻水、食欲減退、発熱、結膜炎、鼻づまりの症状が出ます。

猫カリシウイルス感染症

感染経路

感染している
猫の眼、鼻、口からの分泌物や人の手指、衣服から感染します。

症状

口の周りや口の中、舌に潰瘍ができます。結膜炎、鼻炎、発熱等も見られます。

猫汎白血球減少症

感染経路

感染した猫の唾液、吐物、排泄物からの感染。伝染力が強く、ウイルスの付着した人の手指、衣服からも感染します。

症状

発熱や嘔吐、下痢などの消化器症状が主体。白血球が減ることで抵抗力が落ちるので、他の病気にもかかりやすくなります。
ワクチン未接種の子猫での死亡率は90%以上となる。妊娠中の感染では胎子に小脳形成不全を引き起こす。

猫白血病ウイルス感染症(FeLV)

猫に白血病(血液細胞のガン)やリンパ腫をはじめ、様々な疾病を引き起こす恐ろしい感染症。 骨髄やリンパ組織を壊して免疫力を弱めてしまうため、いろいろな病気の併発を起こしやすくなります。 普段の感染症と違って、感染してから発病までの期間が数か月から数年と大変長く、その間、感染猫は健康な猫とみかけ上区別がつきません。しかし、その間もウイルスを排泄し続け、他の猫へ感染します。

感染経路

感染猫との接触感染(特にケンカ時の噛傷)、トイレや食器の共有、母子感染、感染初期には目立った症状はありませんが、病気に対する抵抗力が弱まるため他のウィルスや最近に感染しやすくなったり、口内炎や鼻炎等が慢性化、重篤化しやすくなります。

感染経路

感染初期には目立った症状はありませんが病気に対する抵抗力が弱まるため、他のウイルスや細菌に感染しやすくなったり、口内炎や鼻炎などが慢性化、重篤化しやすくなります。
白血病やリンパ腫の発病に多いとされます。一旦発症すると、3年以内に80%が死亡すると言われています。

猫免疫不全ウィルス(FIV)感染症

感染経路

感染猫との接触感染(特にケンカなどの咬傷)、稀に母子感染

症状

人間の免疫不全ウィルス(HIV)と同じ仲間のウィルスによる感染症で、”猫エイズ”とも呼ばれている。
感染初期は特徴的な症状はありませんが、進行とともに”免疫不全”を起こし、末期には様々な症状により死亡する。

ウィルス検査

猫白血病、ウイルス感染症や猫免疫不全ウイルス感染症に感染しているかどうかは、血液の検査で調べることが出来ます。
感染していない場合(=陰性)であれば、ワクチン接種でしっかり予防してあげましょう。

油断してはいけない! 猫のフィラリア症

猫のフィラリア症は特に注意が必要です

犬フィラリア(犬糸状虫)は猫にも寄生することがあり、フィラリア症という病気を引き起こします。
犬に寄生したフィラリアは長さが30cmにもなりますが、猫の場合はこれほど大きくは成長しませんし、寿命も長くはありません。しかし、猫の心臓に寄生すると少数でも激しく健康を阻害し、猫の寿命を短くすることが知られています。

フィラリアは幼虫のある時期を蚊の体内で過ごし、その蚊が猫の血を吸う際に体内に侵入し、心臓に寄生して成虫になります。
犬のフィラリア症と同様にこの病気は治療が困難なため、予防することが重要です。予防薬は毎月1回予防薬を滴下することで予防を行います。

猫の逸話

猫は神様

猫は今から5千年前に古代エジプトで野生のリビア猫から作られました。猫は古代エジプトでは、猫の姿をした「よろこびと愛の神」バステトの使いとして大切にされていました。猫が死ぬとミイラにして猫の家という意味の町、ブバステスの猫の墓に埋葬しました。今でもこの町には猫の墓と神殿の跡が残っています。猫は最初は神様として作られたのです。

猫はなぜ神様?

猫は人にはない超能力を持っています。古代エジプトの人は、昼間は細く、夜になると大きく開く目は、夜の暗闇でも物を見ることができ魔物を退治してくれると思っていました。また大切な穀物を始め、食べ物をねずみから守ってもくれます。しかし、なぜ、愛の神様なのでしょうか?暖かいエジプトに住む猫は1年に何回もお産をして、どこでも愛の交換が見られることから、よろこびと愛の神様になったようです。

ページトップへ戻る