予防|水戸市赤塚の動物病院は「おかにわ動物病院」へ|ペットホテル・トリミング併設

  • 0292516123
  • メールフォーム
  • 平日・土曜 :9:00~12:00/15:00~19:00
  • 日曜・祝日 :9:00~12:00/午後休診

予防

予防への想い

多くの方が「動物病院はペットが病気になったら行くところ」と考えておられるかと思います。
大切な家族である動物たちを、辛い病気から守り、肥満などの問題を避けて長く一緒に過ごすためには、健康な時から予防を心がけることが重要です。
毎日の防虫対策、毎年の予防接種や各種寄生虫予防をはじめとして、ペットへの避妊や去勢手術など、予め備えることで、様々な病気やトラブルを防ぐことができます。
また、定期的な健康診断のために通院することで、症状が出る前に早期発見して適切な治療をすることで軽いダメージで済む場合もあります。
中高齢期の動物への配慮として、水素ガス療法もいち早く導入しています。
当医院は”健康で長く一緒に過ごすこと”を目標として、一生を通した予防サポートを提供しています。

一生の予防にもつながる「避妊・去勢」手術

ペットも人間と同じで年齢と共に発症しやすくなる病気があります。女の子であれば乳腺腫瘍や子宮・卵巣の病気、男の子なら前立腺の病気などです。
これらの病気は、若い時期に避妊・去勢手術を行うことで、病気になるリスクを大きく低減することができます。
それらを踏まえて、当医院では子供を作る予定がないペットたちには避妊・去勢手術を行うことを推奨しています。
また、ウサギ(特に雌)でも、生殖器系の疾患が多く、重篤化しやすいため、避妊・去勢手術は大切です。

避妊手術(女の子)のメリット

  • ●望まない妊娠を防ぐことができる。
  • ●卵巣および子宮の病気(子宮蓄膿症、卵巣腫瘍など)の発症を予防できる。
  • ●乳腺腫瘍のリスクを低減できる。

※犬の場合、初めての発情期の前に避妊手術をすることで乳腺腫瘍の発生率を0.05%に、2回目の発情の前なら8%にまで低減することが可能です。

去勢手術(男の子)のメリット

  • ●前立腺肥大(雄性ホルモンが関与しているといわれている)や、肛門周囲の腫瘍、会陰ヘルニアなどの予防効果がある。
  • ●精巣腫瘍の発生を防止できる。陰嚢内に精巣が下りていない場合(陰睾)は精巣の腫瘍に繋がる可能性が高いため、早期の実施が大切。
  • ●犬のマーキング行動や、猫のスプレー行動、などの学習による問題行動が習慣として定着することを予防する効果がある。
  • ●性格が穏やかになるのでケンカなどによるケガのリスクを低減できる。

避妊・去勢手術に適した時期

当院では、生後6か月頃での去勢・避妊手術をお勧めしています。
生後6か月ごろになったら、一度ご相談にいらしてください。手術に関するご説明と、手術実施に関連した身体検査(先天性病気の有無、精巣の確認、乳歯の有無など)を行います。その際、手術時の料金や注意事項(食事管理・来院時間)等もお伝えいたします。
いずれの手術も予約制となりますので、ご希望の方はご来院またはお電話にてご予約ください。

毎年の予防「ワクチン接種・寄生虫予防」

犬や猫、(フェレット)にも、人間のインフルエンザのように、日常生活で感染する恐れのある感染症があります。
ワクチン接種は病原体を無毒化或いは弱毒化した抗原を投与することで、病原体に対する免疫力をつけ、感染を防ぐことが目的です。免疫力の獲得、維持には初年度の複数日の接種と定期的(年一回)の追加接種が必要です。
またフィラリアという寄生虫や、ノミ、マダニもペットに深刻な病気を媒介します。さらにノミやマダニは人に対する感染症を媒介することがあります。
毎月の予防で、それらの被害を未然に防ぎましょう。

犬のワクチン

狂犬病ワクチン

生後3か月以上の犬は必ず年に一回、狂犬病の予防接種を受けるように法律で義務づけられています。
毎年の予防注射は必ず忘れないようにしましょう。
動物病院では一年を通して狂犬病予防接種を受けることができます。

混合ワクチン

下記の伝染病を予防するために行うもので、生後6~8週頃に初回接種を行います。

予防できる伝染病

・ジステンバー ・パルボウイルス感染症 ・犬伝染性肝炎 

・パラインフルエンザ ・コロナウィルス ・レプトスピラ3種

犬の病気の詳細へ

猫のワクチン

室内飼育のネコも多いですが、ウィルス性鼻気管支炎などが蔓延しており、無症状でも感染している猫が多いとされています。定期的な予防接種で、感染や発症を予防してい必要があります。

混合ワクチン

下記の伝染病を予防するために行うもので、生後2か月齢頃に初回接種を行います。

予防できる伝染病

・ウイルス性鼻気管炎 ・パルボウイルス ・カリシウイルス ・白血病ウイルス ・猫 クラミジア感染症

猫エイズワクチン

猫エイズ(=免疫不全感染症)の予防のためのワクチンです。
主にケンカによる咬み傷からウィルスが侵入し、感染します。

猫の病気の詳細へ

フィラリア(屋内飼育でも油断は禁物!)

フィラリア症は、フィラリアという動物の心臓や肺動脈に住みつく寄生虫によっておこる病気です。動物フィラリアは大きくなると30cmにもなる寄生虫です。
これが寄生すると血行が悪化し、身体に色々な障害が起こります。放置すると死に至ることもありますので、重大な病気と言えます。
また、犬の病気としてのイメージが強いですが、猫にも感染します。室外に行かない猫や室内犬だと、油断される方が多いのですが、猫のフィラリア感染報告の約40%が室内飼育でしたので、油断は禁物です。
猫の場合は肺に障害を起こすことが多いようです。猫については寄生する虫が少ないことから診断が難しい場合が多く、呼吸困難や咳、嘔吐などの症状が出た際には既に危険な状態であることがあります。
特に症状が無い場合でも突然重篤化することもあり得ます。
現在はまだ猫についての治療方法は確立されていないので、かからないように予防することが最も重要です。

ノミ

ノミは、激しいかゆみ、脱毛、湿疹などを引き起こします。
『ノミアレルギー性皮膚炎』や、「寄生虫(条虫)の媒介」などのトラブルをもたらすこともあるので、予防することが重要です。
一度、人の生活環境に入り込むと、早いサイクルで、「産卵→成長→繁殖→産卵」を繰り返すため、環境中の駆除が非常に大変になります。寄生が最も多いのは夏ですが、13℃以上の環境であれば繁殖可能なため、最近は冬でも犬や猫に対する寄生が見られます。
ノミは年間を通してお薬などで予防することがおすすめです。ノミの予防は、一定期間の駆除よりも年間通して予防をすることをお勧めします。
予防薬には、飲ませるタイプ、首筋にたらすタイプ、身体全体にスプレーするタイプ、などがあります。

マダニ

マダニがペットに寄生すると、貧血や皮膚病を引き起こしたりします。犬バベシア症や猫ヘモプラズマ症などの命に関わる重篤な病気を起こすこともあり、無視できないものです。
また、人間もマダニに咬まれることで、重症熱性血小板減少症(SFTS)という命の危険もある病気にかかることがあります。(致死率6.3~30%)この病気は現時点でも予防も治療も確立されていません。
このウイルスを運ぶマダニは日本中の草むらなどに生息しており、夏だけでなく、春や秋にも発生が多いとされています。駆除については動物病院で動物用医薬品であれば、ほぼ100%駆除が可能です。市販薬では効果が低いため、使用はお勧めできません。
ペットやご家族、ご自身の健康を守るために、ノミの駆除に注意を払いましょう。

おかにわ動物病院オリジナル「健康管理プログラム」

動物も人間も年齢を重ねるごとに病気のリスクが増大します。定期的な健康診断などでそれを予防していくことが、愛するペットと長く楽しく暮らしていくことに繋がります。
定期検診によって病気を未然に防いだり、かかってしまっても早期に治療をすることで大事に至らずに済むケースもあります。
当医院では予防のためのプログラムを作成し、ペットたちの健康管理を推進しています。
私たちと一緒に、大切な家族である動物の健康を守っていきましょう。

犬の健康管理プログラム

年齢 必要な健康管理 備考
生後6~8週齢 混合ワクチン接種(1回目)
生後10~12週齢 混合ワクチン接種(2回目) 接種後1週間で抱っこでのお散歩が可能
生後14~16週齢 混合ワクチン接種(3回目) 接種後1週間でお散歩が可能。以後は一年ごとに追加接種
生後3~4か月齢~ フィラリア予防(必須) 毎年5~12月までの予防が必要。一年間有効な注射予防もあります。
お散歩デビュー時 ノミ・マダニの予防?(任意) フィラリア予防と同じ時期。オールインワンのお薬もあります。
生後90日以降 狂犬病ワクチン接種 以後は1年毎に接種
犬の登録 登録は一生涯に1度のみ。水戸市内の方は代行手続きが可能。
生後6か月齢~ 避妊・去勢手術 病気の予防が可能
1歳 食事・体重管理と予防の徹底 1歳になると、ほぼ体の成長は止まり、成犬となります。様々な病気の引き金となる肥満に注意し、上記の予防も徹底しましょう!
また、今後は1年で人で換算すると4~5歳分の年をとります。春先の予防時期の血液検査などもオススメです。
高齢期になったら 定期的な健康診断の実施と病気の早期発見 近年は犬も加齢に伴い、心臓や肝臓・腎臓などの内臓疾患、関節炎や腫瘍性疾患の発生が増加しています。定期的に健康診断を行いましょう!

猫の健康管理プログラム

年齢 必要な健康管理 備考
生後8週齢頃 混合ワクチン接種(1回目) 今後の健康管理のため、ウイルス検査(エイズ・白血病)の実施を推奨。
生後11週齢頃 混合ワクチン接種(2回目) 今後の健康管理のため、ウイルス検査(エイズ・白血病)の実施を推奨。
生後11~12週齢頃 猫エイズ・ワクチン接種 室外飼育の場合、猫エイズも予防しましょう(初年度3回)
生後12週齢頃 ノミ・ダニ予防/フィラリア予防 室外に出す前に開始
猫のフィラリア症はときに重篤な症状を呈する為、室内でも注意が必要。
生後8~12週齢頃 検便 室外飼育の猫は定期的な検便が理想
生後6か月齢以降 去勢・避妊手術 スプレー行動の抑制、病気の予防
早期での実施が有効
生後9か月齢頃 混合ワクチン接種(3回目) 2回目の混合ワクチン接種から6か月
→以後は1年に1回の追加接種
1歳 食事・体重管理と予防の徹底 1歳になると、ほぼ体の成長は止まり、成猫となります。基本的には室外での交通事故や喧嘩による怪我やウイルス感染の予防のため、室内での飼育が安全です。しかし、室内飼育の猫は運動不足と過食のため、肥満になることが多く、糖尿病や尿石症なども比較的若いうちに多く見られます。
高齢期になったら 定期的な健康診断の実施と病気の早期発見 猫では加齢に伴い、腎臓の病気(慢性腎不全)が非常に多く発生します。しかし、猫の慢性腎不全は早期に適切な食事療法や内科療法を実施することで寿命を延長できます。最近水を飲むことが多い、尿量が多い、少し痩せてきたなどのサインを見落とさないように気をつけてください。

ページトップへ戻る