犬・猫の胃内異物・腸内異物|水戸市赤塚の動物病院は「おかにわ動物病院」へ|ペットホテル・トリミング併設

  • 0292516123
  • メールフォーム
  • 平日・土曜 :9:00~12:00/15:00~19:00
  • 日曜・祝日 :9:00~12:00/午後休診

症例紹介

犬・猫の胃内異物・腸内異物

幼少期の犬・猫を中心に、異物を誤食してしまうトラブルが多数来院されます。
異物の内容は遊んでいたおもちゃ(紐=ひも、プラスチック、金属)、生ゴミ、鳥の骨など様々です。特に猫のひも状異物は腸まで巻き込んでしまうケースが多く、重症になりやすいため、注意が必要です。
当院では内視鏡を備えているため、動物の負担を軽減する為に内視鏡による摘出も行なっております。
ただし、内視鏡では摘出できない(してはいけない)異物も多く、その場合は胃切開や腸切開・切除による摘出を行ないます。(写真は内視鏡による摘出)
室内だけではなく、散歩中に異物を摂取してしまうケースも多い為、注意が必要です。

ページトップへ戻る