小型犬に多い気管の病気 ~咳や呼吸時の喘鳴音~|水戸市赤塚の動物病院は「おかにわ動物病院」へ|ペットホテル・トリミング併設

  • 0292516123
  • メールフォーム
  • 平日・土曜 :9:00~12:00/15:00~19:00
  • 日曜・祝日 :9:00~12:00/午後休診

おかにわ通信

小型犬に多い気管の病気 ~咳や呼吸時の喘鳴音~

おかにわ通信 

お盆が過ぎて涼しくなるかと思いましたが、明日はまた暑くなりそうですね。

まだまだ熱中症には気をつけてください。

犬は汗をかく機能が乏しく、“ハッハッハッハッ”と呼吸を早めるパンティングという行動によって熱を発散させます。今の時期は特にこの行動が目立つ時期になります。

その時に、“ガァガァ”や“ゼィゼィ”と異常な音、以前と違う音はしませんか?

こういった呼吸時の音の変化や散歩時などの喉への刺激で咳が起きる場合、“気管虚脱”といった気管の病気を持っている可能性があります。

気をつけて見てみて下さいね。

ページトップへ戻る