猫の腎不全に対する誤解|水戸市赤塚の動物病院は「おかにわ動物病院」へ|ペットホテル・トリミング併設

  • 0292516123
  • メールフォーム
  • 平日・土曜 :9:00~12:00/15:00~19:00
  • 日曜・祝日 :9:00~12:00/午後休診

おかにわ通信

猫の腎不全に対する誤解

おかにわ通信 

「猫は腎臓が悪くなりやすい。」ということは有名なお話です。

にもかかわらず、「まだ血液検査で異常がないから腎臓は健康です。」「腎臓の値は少し高いけれど、まだ高齢ではないし大丈夫。」と他の動物病院で片付けられてしまい、心配で当院に相談にいらっしゃる方がいます。

猫の腎機能不全では初期段階で血液検査上の異常値を示さない。おおよそ腎機能の2/3-3/4が喪失してから継続的な異常値を示します。

腎機能不全の早期診断には、尿検査(尿比重や尿蛋白)、画像診断による腎臓の確認が必要です。

ちなみに初期から尿が薄くなり、脱水傾向を示すため、便秘や便秘に伴う食欲不振もよく見受ける症状です。

飲水量や尿量の増加、便通の変化にも、気を配ってあげてください。

ページトップへ戻る