変形性関節症|水戸市赤塚の動物病院は「おかにわ動物病院」へ|ペットホテル・トリミング併設

  • 0292516123
  • メールフォーム
  • 平日・土曜 :9:00~12:00/15:00~19:00
  • 日曜・祝日 :9:00~12:00/午後休診

症例紹介

変形性関節症

変形性関節症は、加齢や肥満、過去の関節疾患等の結果、関節の変形を起こす病気です。

骨折や脱臼等の外傷性の病気とは異なり、症状が緩やかに進行するため、発見が遅くなる傾向があります。

犬であれば歩行の変化、散歩を嫌がるようになる、猫であれば高い所へのジャンプを嫌う、といった飼い主様が気がつくような症状があったときは、“年のせい”だけではなく、関節疾患による“痛み”が生じている場合がほとんどです。

特に猫の場合には、犬以上にこの病気を発見しにくいのですが、かなりの割合で関節疾患を患っているとされています。

“完治”は難しいのですが、早期から治療(消炎鎮痛剤やサプリメント、体重管理等)を始めることで、進行を緩やかにしたり、症状の緩和による生活の質の向上が期待できます。

ページトップへ戻る