猫の内分泌疾患(糖尿病・甲状腺機能亢進症)|水戸市赤塚の動物病院は「おかにわ動物病院」へ|ペットホテル・トリミング併設

  • 0292516123
  • メールフォーム
  • 平日・土曜 :9:00~12:00/15:00~19:00
  • 日曜・祝日 :9:00~12:00/午後休診

おかにわ通信

猫の内分泌疾患(糖尿病・甲状腺機能亢進症)

おかにわ通信 

たまたまではありますが、糖尿病や甲状腺機能亢進症の猫を診察することが多くありました。

どちらの疾患も初期には食欲や元気に影響なく、どんどん痩せていきます。

一見元気そうに見えてしまうため、飼い主様も様子をみてしまうことが多いので、注意が必要です。

結果として、重篤な状態に至ってしまい、命を落とすケースもあります。

やはり“体重”というのは非常に大切な健康のバロメーターになりますので、“体重減少”が気になったら早めに診察を受けるようにしてあげてください。

 

糖尿病や甲状腺機能亢進症の詳細は、また後日掲載します。

ページトップへ戻る