犬の膣・外陰部の腫瘍|水戸市赤塚の動物病院は「おかにわ動物病院」へ|ペットホテル・トリミング併設

  • 0292516123
  • メールフォーム
  • 平日・土曜 :9:00~12:00/15:00~19:00
  • 日曜・祝日 :9:00~12:00/午後休診

おかにわ通信

犬の膣・外陰部の腫瘍

おかにわ通信 

最近、たまたま膣・外陰部の腫瘍の診察が続きました。

膣・外陰部の腫瘍は犬では比較的発生が多く、多くは良性とされますが、悪性腫瘍が発生する場合もあります。

特に初期段階では発見しにくいので、注意が必要です。

性ホルモンに依存して増殖する腫瘍が多いとされていますので、治療としては腫瘍の切除と再発防止のために避妊手術を行います。

逆にいえば、避妊手術を行っておく事で発生率がほとんど予防できる腫瘍でもあります。

交配を予定していない場合にはやはり避妊手術は病気の予防の観点から大切です。

ページトップへ戻る