犬の潜在精巣(腹腔内陰睾)|水戸市赤塚の動物病院は「おかにわ動物病院」へ

  • 0292516123
  • メールフォーム
  • 平日・土曜 :9:00~12:00/15:00~19:00
  • 日曜・祝日 :9:00~12:00/午後休診

おかにわ通信

犬の潜在精巣(腹腔内陰睾)

おかにわ通信 

今日は潜在精巣の手術がありました。

通常の精巣は成長の過程で腹腔内→鼡径部→陰嚢へと下降してきますが、遺伝などの要因によって、精巣が下降せずに腹腔内や鼡径部に停留してしまう場合があります。

特に腹腔内に潜在精巣がある場合は、精巣が将来的に腫瘍化しやすいとされています。

今日手術を行った子は腹腔内に両側の精巣があったため、開腹手術になってしまいましたが、無事に摘出が出来ました。

ページトップへ戻る